クレジットカード現金化の換金率って一体何?

クレジットカード現金化において換金率というのはとても重要なポイントになりますが、その換金率とは一体なんなのかわからないという方も少なくないでしょう。これから換金率について基本的な知識をご紹介していきますので、クレジットカード現金化を望まれている方は参考になさってみてください。

換金率とは具体的に何か

換金率というのは、クレジットカード現金化をした後に手元に残るお金の割合の事をさしています。例えば換金率が90%の場合、1万円のショッピング枠を現金化した際に実際に手に入るのは9000円という事になります。これが80%なら8000円になってしまいます。つまり換金率が低いと、それだけ損をしてしまうという事になるのです。クレジットカード現金化をする際換金率は高ければ高い程良い、逆に低いと損をする事になると覚えておきましょう。

高い換金率でクレジットカード現金化をするには

クレジットカード現金化をするにあたって高い換金率で現金化したいと思うのは当然です。そのための方法についても触れて行きます。まず業者を利用するのであれば、業者ごとにしっかりとこの換金率を比較して選ぶようにしてください。また実際に申し込みをしたらホームページに書いてる換金率よりも下がったなんていうケースもあるので、問い合わせをしてしっかりと確認をするという作業も非常に大事です。また自分でクレジットカード現金化をする場合には、カード決済する商品をできるだけ高換金率のものにしましょう。つまり人気商品で買ってすぐに売ればそこまで価格が下がらないというようなものが狙い目です。

換金率と高い換金率でのクレジットカード現金化

換金率というのは、実際にクレジットカード現金化でお金を換金した手元にどのくらいの現金が入るのかの割合の事です。高い換金率でクレジットカード現金化をするには、業者の比較や問い合わせをする、自分で高換金率の商品を売買する、という方法があるのであわせて覚えておきましょう。

気の済むまでクレジットカード現金化TOPへ