クレジットカ-ドの現金化と債務整理の関係は?

最近よく目にする、クレジットカード現金化した借り入れは、多重債務者の最後のやり直すチャンスである、自己破産や、 債務整理では、個人再生では、認められず、自己破産では、免責がおりないため、借金がゼロにはなりません。

個人再生では、再生計画案が裁判所で認められると大幅に借金が減額されますが、クレジットカード現金化が理由の借金は不透明なため、かんたんにはいきません。債務整理においても原則できません。ですので、今現在、多重債務におちいり自己破産、債務整理などを考えてる方は、この、クレジットカ-ドの現金化はしないほうがいいです。

クレジットカード現金化は債務整理できないの?

クレジットカ-ドのショッピング枠は、本来ショッピングのための枠です。クレジットカ-ド会社は、これを使って、現金化することは、禁止しています。消費者庁もクレジットカード現金化をすることはしないようにと強く呼びかけています。
ですので、この時点で、違法行為となります。ですので、認められないなど、めんどうなことになります。

債務整理のメリット&デメリット

メリットは、まず、取り立てがストップする。会社や、家族にばれない。差し押さえなどもない。裁判所をとおさず、直接金融業者と交渉します。基本的に整理後の金利はカットされますので元金のみを3年~5年で返済していきます。過払い請求などがあれば、借金が減る可能性がある。
デメリットは、弁護士費用などがかかる。ブラックリストに載り、5~10年間程度はクレジットカードを含む、一切の借り入れができなくなる。

多重債務者には、クレジットカ-ド現金化は危険かも?

クレジットカ-ドの現金化は、もっとも損な借り入れです。実質かなりの高金利での借り入れをしているようなものだからです。ですので、借りる時点でも、かなりのリスクを背負うことになりますが、一番の問題は、ここまで追い詰められてるとゆうことは、もう借り入れするところがなく、次は、自己破産、債務整理、個人再生などになる可能性があるということです。そのさいに、クレジットカ-ドの現金化をしてしまうと、やり直すチャンスに大きく影響するとゆうことです。
もし、もう限界にちかいところまできているのでしたら、やはり、この現金化はしないことです。

気の済むまでクレジットカード現金化TOPへ