クレジットカード現金化はどんな問題がある?

クレジットカード現金化 問題は普通に借り入れをするより、負担が大きく心理的にも、ここまでくるとかなり生活に追われていて、そろそろ督促もきはじめたりと、追い詰められている可能性があり、正常な判断ができずに、普段ならひっかからない詐欺などにもあう危険もあり、これが問題です。

問題①クレジットカード現金化によるクレジット会社の対応

クレジットカ-ドのショッピングの利用額は、原則ショッピングするためのものです。もしクレジットカード現金化のことがカード会社にバレたりした場合は、そのカードを利用停止され、そのうえ、未払い分は即、一括で全額返済しなくてはならなくなります。現金化しなくてはならないほどお金に困っているにもかかわらず、一括で、全額返済となるともう支払えなくなります。やはり、ここでは、かなりのリスクを背負ってしまう可能性があります。

問題②自己破産、個人再生、債務整理ができない可能性がある

多重債務者の行きつくさき、やり直すチャンス、そのうちの
①自己破産ですが、こちらは、通常の借り入れなどによる借金の場合、免責決定がおりて、借金がゼロになることがほとんどですが、このクレジットカ-ドの現金化については、免責がおりません。
②個人再生ですが、再生計画案が裁判所で認められると大幅に借金が減額されますが、クレジットカード現金化が理由の借金は裁判官の印象が悪く、むずかしくなってしまいます。
③債務整理ですが債務者から依頼された弁護士が債権者に借金の減額交渉をしてくれます。ショッピング枠現金化をしたことがクレジットカード会社に知られているのであれば整理することはできないかもしれません

こんなに問題がある「クレジットカ-ドの現金化」それでも利用されますか?

そもそも、あちらこちらから、借り入れをする人の多くは、自分の借入の状態をきちんと把握できておらず、すでに手に負えない状態に気づいていないことが多いです。とりあえず、今月の支払いのために借り入れをとりあえず・・・とですので、合計金額を見たらひっくりかえりそうになります。

ですが、ここでおもいとどまり、今一度考えてみる機会です。まずは、専門の知識のある方への相談、そのためにこのクレジットカ-ド現金化を安易にするのは、問題です。

気の済むまでクレジットカード現金化TOPへ