自分でクレジットカード現金化って出来るの??

クレジットカード現金化業者になんか頼まなくても、自分でクレジットカード現金化をすればいいじゃ無いかって考える人もいるんじゃ無いでしょうか。そんな人達に向けて、自分でクレジットカード現金化を行う事が出来るか、お教えします。

現金化出来そうで既に制限されてる手法

某金融漫画で有名になった、クレジットカードで東京大阪間の新幹線チケットを買うといった方法をやろうと考えている人は多いんじゃ無いでしょうか。これはクレジットカード会社がJR各社に新幹線チケットのクレジットカード大量購入を禁止しましたので、現在できなくなってます。
それらと同じ対策で、商品券等の金券やウェブマネーもクレジットカードで購入は出来ません。百貨店やコンビニで買えるか、試してみるといいでしょう。
換金が容易な商品は殆ど全て、クレジットカード会社に先回りされて現金化は封じられているのが現状です。換金率が悪くなってもいいなら、色々買ってリサイクルショップに売ればいいのですが、それだと業者を介した換金率に遠く及びません。信頼のある現金化業者を利用した方がスマートで、確実でしょう。

それでも自分で換金化したいという方へ

それでもクレジットカード現金化を行いたいといった困ったボーイズ&ガールズの為に二つ使える手を教えましょう。
一つ目は、Suicaを利用する方法です。Suicaチャージはクレジットカードでも可能ですので、クレジットカードでチャージした切符を払い戻す手法が使えます。
ただし、Suicaのチャージ上限は2万円まで、この2万円で新幹線チケットを購入し、払い戻しを受ければ現金化する事ができます。何度も払い戻しを受けると訝しげに思われるので、小銭稼ぎにしか現金化出来ません。
クレジットカードで購入出来て比較的換金率が高いのは、切手シートです。切手シートを購入し金券ショップに持ち込んで見るといいでしょう。
その他にも、ゲーム機やブランドバックなどを購入して売却する手もありますが、受給を読む眼力が無いと大損してしまう危険性があるので、あまりお勧めは出来ません。

自分でクレジットカード現金化まとめ

いかがでしたか。基本的には個人で現金化はテクニックが必要になる事や、手間暇がかかる割に損する事もある事から、クレジットカード現金化業者に頼った方が簡単で早いし簡単です。また、個人での現金化はクレジットカード会社にマークされ、カード停止を受ける場合もあるので気をつけて下さい。

クレジットカード現金化を気の済むまで調べてみた

全てのクレジットカードが現金化出来る訳では無い事をご存知でしょうか?クレジットカードは大きく分けて、
Master
VISA
Diners
JCB
AMEX
など5つの国際ブランドがありロゴマークもよく目にしますよね。

これらのカードが使えるお店はブランドのロゴマークが表示されお店によって利用出来たり出来なかったりします。現金化業者にも同じ事が言えて現金化業者のホームページには全てのカードブランドに対応しているかのような説明書きがありますが、問い合わせてみるとそうでもない事があります。

業者が使っている決済ラインは必ずしも国内のものでは無く、海外である事が多いのでそういったケースに該当する業者では使えないカードブランドが発生するという訳です。特に現金化業界ではVISAとMaster以外のクレジットカードを取り扱っていない場合が非常に多いのです。

ではJCBやAMEXカードを現金化したいユーザーはどうしたら良いのでしょうか。これまでは海外の決済ラインを利用していた現金化ですがユーザーから多く寄せられる「JCBやAMEXも現金化したい!」という声に応え、業界大手の現金化業者はカードブランドに関係無く全てのカードが利用出来る国内の決済ラインを使うようになりました。

それによって現金化の常識であった「AMEXは現金化出来ない」が覆されよりユーザーにとって更に便利なサービスへと生まれ変わりました。しかしこのシステムも完璧では無くVISAやMasterカードと比べると決済手数料が若干高くなってしまうデメリットがあるため現金化の申し込みの際にカードブランドを尋ねられるのはこれが要因でしょう。

気の済むまで調べてみると意外な業者の苦労も見えてきましたね。

借入としては優秀、でも、、、二の足を踏んでいる人に失敗しないためのクレジットカード現金化

クレジットカード現金化というと、消費者金融の様な審査は不要にも関わらず実質金利は23%位(20万円を手数料コミ換金率85%、リボ払い手数料15%、月々返済額を5000円の定額リボ払いで早めに返済した場合)で消費者金融の金利と比べてそんなに大差無い優秀な知る人ぞ知る借入方法と言われています。クレジットカード現金化の優秀さは認めるものの失敗して詐欺業者に引っかかる事を不安に思い利用に二の足を踏んでいる人が多いのでは無いでしょうか。そんな貴方に失敗しないクレジットカード現金化についてお教えします。

クレジットカード現金化で失敗しない為に必要なのは、テクニック&リカバリーの技術です。

テクニックとは相手業者を見極める力、老舗の信頼のある業者を見つけたり、電話で質問を行うことにより信用できる業者であるのか見極める技術を言います。

そのテクニックがよくわからなく不安なんだと言う方、安心してください。万が一詐欺業者にあっても、リカバリーの技術さえキチンと把握していれば大丈夫です。

詐欺業者に申し込んでしまいお金を振り込まれない&一部しか振り込まれなかった等のトラブルが起こった時、実はクレジットカード会社に『業者が商品を持っていないのに商品を購入させた。いつ入荷するかわからないと言ってるのにキャンセルに応じないし、連絡もつかない。カード会社の方でキャンセルの手続きをお願いしたい。』と言えばカード会社は決済を止めなければいけない義務が発生します。もし万が一カード会社が当人同士で解決お願いしますと渋った場合、カード会社の規約にも書かれているだろうと言えば拒否はできません。一部振り込まれているお金は『組戻せ(銀行の振込を元に戻す作業)』と言いましょう。

キチンとしたテクニックがあればクレジットカード現金化で失敗する事はあまりありません。万が一失敗してもリカバリーの方法を知っていれば問題ありません。皆さんもクレジットカード現金化、失敗しないでうまく利用してみてください。

クレジットカード現金化で本人確認はなぜ必要なの?提出する書類は何?

クレジットカード現金化業者を利用するには身分証明書が必要となります。では、なぜ身分証明書が必要なのか、また、身分証明書の中でもどのような書類が要求されるのか、提出の手続きはどのようなものなのかについて、以下で説明していきます

クレジットカード現金化で本人確認が必要な理由

クレジットカード現金化の業者を利用する場合、ほとんどのケースで身分証明書など、本人が確認できる書類の提出が求められます。誰しもこのような個人情報はむやみに他人に渡したくないものですが、なぜ、クレジットカード現金化業者は本人確認作業するのでしょうか。そこには明確な理由があります。その理由とは、現金化業者はカード番号を受け取ると手続きを進めてすぐに依頼者の銀行口座に入金します。そのため、本人確認をしっかりやっていないと、盗難等の不正行為で取得した他人のカードを使って現金化を試みる者たちが、簡単に現金を手に入れられることになってしまいます。そういった犯罪行為の防止のために身分証明書の提示を求めているわけです。

クレジットカード現金化の本人確認必要な書類とは

では、現金化する際必要とされる本人確認の手続きはどのようなものになるのでしょうか。まず必要となる身分証明書ですが、顔写真付きのものが求められることがほとんどです。顔写真付きのものを持っていない場合でも、受け付けてくれる可能性もあるので、申し込む前に電話などで確認してみましょう。また、身分証明書だけではなく、クレジットカードの写真を要求される場合があります。これも、盗難カードの使用を防止するための措置です。なお、カードの裏面に記載されているセキュリティコードは隠してもOKの業者が多いです。そして、場合によっては公共料金の支払い書類も添付する場合があります。いずれの書類もスマートフォンやデジタルカメラで撮影したものをオンライン上で送信すればよく、わざわざ郵送で送る必要はありません。

このようにクレジットカード現金化の手続きには、不正行為の防止のために身分証明書の提出を求めるのが通常となっています。身分証明書以外にもいくつかの書類を提出する必要があるケースもあるので、申し込む前に問い合わせてみて、何が必要なのかしっかり確認してから利用するようにしましょう。

気の済むまで借入したい。そんな時は気の済むまでクレジットカード現金化

男には借金をして勝負をしなければいけない時があるかと思います。現在の金融機関の時代では気の済むまで借金を行う事は出来ません。そんな時はクレジットカード現金化という手法がオススメです。

現在の貸金業界は貸金業法に縛られる消費者金融と縛られない銀行カードローンが混在する為歪な業界情勢になっていす。例えば、
・年収300万円、銀行カードローン1社から100万円の借入
この状況の人が消費者金融に申込んだとした場合、消費者金融からは借入が可能ですが、

・年収300万円、消費者金融3社から計100万円の借入
この状況の人は消費者金融に借入をお願いしても総量規制で断られますし、銀行カードローンは銀行と保証会社の審査基準が借入社数2件以上の人は多重債務者として定義している為に同じく高確率で断られます。
前者と後者で置かれている状況に変わりは無いのにもかかわらず、後者は断られるのです。これでは気の済むまで借入は出来ず、借りたいニーズに応えているとは到底言えません。

その点、クレジットカード現金化は借入社数がどうであるとか、利用状況がどうであるとか意味が無い事は聞きません。クレジットカードのショッピング枠さえ利用出来れば必ず融資され、気の済むまでニーズに応えてくれます。
気の済むまで借入がしたい時、是非クレジットカード現金化を検討してみて下さい。

知っておけば失敗しないクレジットカード現金化の選び方

貸金業法が改正された事で消費者金融でのキャッシングが厳しくなり、主婦や個人事業主の資金繰りの方法の一つとしてクレジットカード現金化が幅広く活用されるようになりました。
とても効率の良い資金調達を実現してくれる現金化ですが契約する業者によってシステムが異なり、振り込みまでに時間が掛かってしまうケースや悪質な業者に引っかかるケースが後を絶ちません。こういった事態を避けるためにも現金化業者選びはシビアな目線で行いたいものです。

現金化に不要な情報を要求されていませんか?

カード番号やセキュリティコード、勤務先、家族構成などは現金化に必要無い情報です。聞かれたらそこでの取引はやめた方が良いでしょう。

固定電話の記載はありましたか?

携帯電話のみで営業している会社は悪徳業者である可能性が高いです。必ず固定電話の記載がある業者を選びましょう。

現金化業者の創業年度はチェックしましたか?

やはり老舗を選んだ方が安全です。一般企業でも10年以上続くのは全体の5%、20年以上は0.3%しか存在しないと言われていて3社中2社は3年以内に倒産します。そんな中でも長く営業を続けている業者はそれだけ信頼に値すると考えられますね。

他にもプランによって換金率・振込スピードは大きく変化するので事前に口コミやホームページを確認し安全性の高い業者を見極めましょう。

失敗しないためのクレジットカード現金化を心掛けている人達のコメント

康行さん
26歳の男です。地方のマンガ喫茶でアルバイトをしています。24時間営業ではないため、アルバイトの時間も限られているのであまり稼げません。次の仕事が決まるまでの間だけはお金が足りないので、クレジットカードの現金化を利用しながら生活をすることにしました。おかげで心に余裕ができて、どうにかやっていけます。ありがとうございました。

翔伍さん
52歳の会社員です。車をローンで購入したため、生活が少し苦しくなりました。子供もまだ成人しておらず、突発的な支払いがあると対応できなくなるので、余裕のないときにクレジットカードの現金化を利用することにしました。新たにローンを申し込まなくてもいつでも利用できるのが助かります。

七瀬さん
27歳の派遣社員です。飲み会が重なったため、手持ちのお金が少なくなったのでクレジットカードの現金化の会社を利用しました。銀行のカードローンに申し込もうと考えていたのですが、派遣社員なら審査が通らないと思ったので、クレジットカードの現金化を選びました。審査もないので結果としては良かったです。

クレジットカード現金化ランキング!人気現金化業者30社口コミ比較【2017年最新版】

サイトマップ

新着情報

◆2017/01/24
自分でクレジットカード現金化って出来るの??の情報を更新しました。
◆2016/12/29
クレジットカード現金化の換金率って一体何?を新規投稿しました。
◆2016/11/30
クレジットカ-ド現金化で新幹線回数券ってどうするの?を新規投稿しました。
◆2016/11/30
クレジットカード現金化業者って何者?を新規投稿しました。
◆2016/11/30
クレジットカード現金化はどんな問題がある?を新規投稿しました。